美肌になる方法.com TOP → 美肌のための基礎知識 肌(表皮)の構造

肌(表皮)の構造

皮膚の表面には縦横や斜めに細かい溝があって、三角や四角の模様を作り出しています。この溝の深さや盛り上がった形は、私たちの肌の外観を左右するもので、これが肌のキメとなります。溝が浅くて形が細かく規則正しく並んだ状態がキメが細かい肌であり、光の反射によって美しく見えます。

皮膚の構造は、表面に近い部分である表皮と、その下にある真皮に分かれています。真皮の下には皮下組織があります。皮膚は身体全体を覆って様々な外部刺激から身体の内部を守り、水分を逃がさないように働いています。

表皮は皮膚膜で覆われていて、その下は角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4つの層に分かれていて、表皮の厚さは約0.2mmと非常に薄い構造になっています。

基底層は表皮の最も下にある層で、ケラチノサイト・メラノサイト・ランゲルハンス細胞によって構成されています。ケラチノサイトは細胞分裂をして次々と新しい細胞を作り出し、メラノサイトは色素細胞で必要に応じてメラニンを作り出します。

有棘層は表皮の中で最も厚く、有棘細胞が細胞間をしっかりと結びつけることで丈夫な肌が作られます。有棘細胞ではケラチンと呼ばれるタンパク質が作られています。有棘層から顆粒層へと移動してきた細胞は、水分を失ってつぶれたような扁平な形をした顆粒細胞になります。

皮膚の一番上の角質層は、顆粒層から移動してくる過程で、核などが失われてケラチン線維のみの細胞になっています。ケラチン線維は堅く、角質細胞はレンガのように重なりあって角質層を形成しています。角質細胞間はセラミドと呼ばれるタンパク質によってつなぎ合わされています。

美肌のための基礎知識


横浜や川崎のリノベーション
http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/

ディレグラ 効果
ディレグラの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!