美肌になる方法.com TOP → 美肌のための基礎知識 肌と女性ホルモン

肌と女性ホルモン

女性ホルモンは、女性らしさを司るエストロゲンと妊娠を維持するためのプロゲステロンの2種類に分けられます。

2つの女性ホルモンは生理周期によって分泌量が変動します。生理が始まってから排卵までの間はエストロゲンの分泌が増え、排卵から次の生理までの間はプロゲステロンの分泌が増えます。妊娠がなければまた生理を境にエストロゲンが分泌されるようになります。

全く関係ないように思える生理と肌の関係ですが、これらはとても密接に関係しています。エストロゲンは、肌の角質層の水分を保持して潤いを保つ働きや、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの生成を促して肌のハリや弾力を保ってシワやタルミを予防する働きなどがあります。

また、プロゲステロンは皮脂が分泌されるのを促す働きがあるので、その分泌が過剰になってしまうとニキビができやすくなってしまいます。そのため大人ニキビや生理不順の女性の肌トラブルは、女性ホルモンの乱れによるものなのです。

そして、生理周期によってスキンケアを意識することはとても重要な事です。エストロゲンが多く分泌される時期の肌は、安定していてスキンケア効果がでやすい時期です。そのためこの時期は新しい化粧品を試めすのに良い時期であり、エステの効果もより現れやすい時期です。

一方、プロゲステロンが多く分泌される時期は、ニキビなど肌荒れが起こりやすい時期なので、皮脂による化粧くずれが起きやすく、ホルモンの影響による色素沈着が起こりやい時期です。そのためこの時期は、お肌の状態に特に気を配る必要があるのです。

美肌のための基礎知識


ホイールアライメントが調整
について

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!