美肌になる方法.com TOP → 肌トラブルと改善法 たるみ

たるみ

年を重ねるごとに気になってくるのが肌のたるみです。肌のたるみは一般的に、筋肉が歪むことから起こると言われています。

加齢とともに真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの成分は少しずつ減少してしまいます。コラーゲンやエラスチンは肌のハリや弾力を保つ成分なので、これらの成分が減少してしまうと肌のハリが失われていくのです。

肌のハリが失われて表情筋を支えることができなくなると表情筋が垂れ下がるようになり、肌のたるみが起こるしくみになっています。こうしてたるんでしまった肌に折じわのようなものが出来ると、シワとなってしまうのです。

コラーゲンやエラスチンなどの成分は、加齢とともに自然に減少していくものですが、若くても紫外線によるダメージによってこれらの成分が破壊されてしまうことが多いようです。そのためたるみができないように紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

たるみ予防やできてしまったたるみのケアには、肌の筋肉をストレッチさせることが必要です。顔にある表情筋も、他の体の筋肉と同様に鍛えることで発達させることが可能です。表情筋のストレッチやマッサージをして筋肉に刺激を与えて活性化させていくと、表情筋の衰えを防ぐことができます。

また、ストレッチなどで外部からケアするだけでなく、コラーゲン生成のために必要となるビタミンCや、血行促進のために大切なビタミンE、不足分を補うためのコラーゲンが配合されているサプリメントなどを利用して、体の内部からもケアしていくとよいでしょう。

肌トラブルと改善法