美肌になる方法.com TOP → 美肌スキンケア 乳液とクリームの効果

乳液とクリームの効果

美肌のために化粧水と美容液でスキンケアをした後は、肌の水分を逃がさないために乳液とクリームを使用しましょう。せっかく保湿力の高い化粧水や美容液を使用しても乳液やクリームを使わなければ、肌の水分は徐々に蒸発してしまうことになります。

赤ちゃんの肌のようにモチモチとした美肌を維持していくためには、乳液やクリームの油分で肌をコーティングしてフタをし、水分を閉じ込めて浸透させる必要があります。

乳液の使い方は、肌の表面を覆うようにさっと塗るのではなく、手の温もりで温めながらゆっくりと肌の奥に浸透させるようにすると効果的です。じっくりと肌になじませていくのがポイントです。

クリームは油分が多くベタベタ感が残りやすいので、乳液でスキンケアを終了してしまう方も多いようですが、きちんと肌になじませてあげれば、ベタつき感は残りません。クリームを肌にしっかりとなじませてあげることで、化粧水の潤いや美容液の栄養効果を高めることができます。

クリームは特に乾燥しやすい部分から塗るようにしてください。その後は顔の中心から外側へ肌をもちあげるように伸ばして塗り、目の周辺は目頭から目じりへ伸ばすように塗ってください。たっぷりのクリームで顔をマッサージするようにケアしていきましょう。

乳液やクリームを塗った後に肌のベタつき感が気になる時は、ティッシュで余分な油分を拭きとるようにしてください。その際はゴシゴシと強くこすらないようにして、肌にのせたティッシュを上から優しく押さえて余分な油分だけをのり除くようにしましょう。

美肌スキンケア


イチオシ商品 (株)TRINC 電池駆動式静電気除去器(イオナイザー)
http://www.ssw-shimadzu.co.jp/news/2013/20131129a.html

持効型インスリン
持効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ケーシー 白衣
ケーシーの白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!